本文へスキップ

グラス名入れ倶楽部は名入れオリジナルグラスを制作するサイトです。

色や下白についてPRIVACY POLICY

このサイトでは名入れの為、基本的にはデザインの下には白色の版を印刷して色をきれいにだしません。。下白をひくと、色はきれいにでますが、1版増え、値段的に高くなり、なおかつ歩留まりも悪くなるからです。細い文字などは下白をひくことはできません。

色について

白色や黒色などがお薦めです。

なるべくご希望の色に近い色を出すように努力をいたしますが、微妙な色に関してイメージと違う場合があるかもしれませんが、ご容赦ください。
ベタ柄の金色、金色はできません、細い線の金色、銀色なら可能です。


転写紙はシルク印刷で印刷しますので、グラデーションがある色については1〜2色(版)増える場合があります。
シルク印刷のグラデーションは点々で表現いたしますので、予算のない場合には1色+網版で表現する場合があります。

下記の色は要注意です

グレー色・・・黒1色では表現できません。グレーは1色になります。
ピンク色・・・ピンク色の濃さはパステルピンクくらいしか顔料がありません。
ブルー色・・・明るいブルー色は顔料がありませんので表現できません。
緑色・・・・・明るい緑色葉が顔料がありませんので表現できません。    
蛍光色・・・・できません。

下色について

下白について’表側)表側

下白(裏側) 裏側


上記の写真にあるように、色をきれいに見せるためにデザインの下に、白い版を1色増やしてデザインの色をきれいに見せるための1色を、下白といいます。 色やロゴによっては必要のない場合が多いです。

長所

色がきれいに見えます。

欠点

細い線のデザインにはできません。
たまに下白が印刷時にづれる事があります。表に白色が少しはみだしてしまう。
1色増えますので、1色分転写紙の値段が多くなります。
顔料の層が厚くなりますのでピンホールができやすい(不良率がたかくなる)

青色や紺、紫系統の顔料は透明性がありますので下白をひいたほうがいいですが、ロゴや文字などは無理です。
白や赤、黒1色のロゴやデザインの場合には、下白をひかないほうがいいと思います。
コストが高くなるだけ。
基本的にはデザインを拝見して下白をデザインの下にひくかどうかは判断します。
ロゴ1色の場合は下白はひきません。