手作りおせち

おせち手作りの方法

おせちの手作りは大変そう!!と言うイメージがあります。

重箱にきっちり詰められた数々の料理、全部作ることを考えると尻込みしてしまうのは当然のことです。

どんな種類を、なにから作ればいいのか迷ってしまうのも当然です。

しかし、意外とそんなにも難しくないのです。

今回は、おせちを手作りする方法をお伝えしたいと思います。

おせちのルール

まずは作る前におせちのルールを知ることから始めるとしましょう。

おせちを重箱に詰めるようになったのは江戸時代からで、「福を重ねる」「喜びを重ねる」と言った意味の元でした。

正式には五段重ですが、近年は三段重や二段重の略式されたものが一般的になっています。

このルールを知ったうえで、我が家オリジナルのおせちを自由に作ってみましょう。

【おせちのルール】

五段重

【一の段】
「祝い肴」である数の子・黒豆・田作りと、甘いものを中心とした「口取り」を詰めます。

【二の段】
保存性が高く見えが良いお肉類、箸休めになる「酢の物」を詰めます。

【三の段】
縁起の良い海の幸を主とした「焼き物」

【四の段】
山の幸をたっぷりいただく「煮物」

【五の段】
空にしておく「控え」

 

三段重

【一の段】
「祝い肴」と「口取り」

【二の段】
「焼き物」と「酢の物」

【三の段】
見通しの良い「れんこん」や、長寿の象徴である「ごぼう」など縁起の良い意味合いを持つ野菜の煮物

【祝い肴3種さえあればOK!】

おせち料理は極端に言えば、「祝い肴」さえあればお正月は立派に迎えることが出来ます。

祝い肴とは、「無病息災・子孫繁栄・五穀豊穣」と三つの願いが込められた料理のことです。

三つの祝い肴とは、関東では「黒豆」「数の子」「田作り」を、関西では田作りを「たたきごぼう」に変えて3種としています。

 

おせちの基礎のポイントさえ押さえておけば、あとは自由に楽しく作りましょう

 

手作りするポイント

手作りするうえで3つのコツをお伝えします。

手作りおせちのコツ

  • つくりたいメニューの材料を用意しておく
  • 下準備をし調理の手順を確認
  • コンロや電子レンジ・オーブントースターをフル活用

つくりたいメニューの材料を用意しておく

つくりたいメニューをあらかじめ決め、事前に材料をそろえておきましょう。

作業中に買い物に行くと、作業を中断することになるので忘れ物がないように!

下準備をし調理の手順を確認

黒豆や数の子など戻すのに時間がかかるものは、前の晩に下準備をしておきましょう。

作る際は、煮たり付け込んだりする時間が長いレシピから取りかかるとスムーズにいきます。

コンロや電子レンジ・オーブントースターをフル活用

コンロやレンジ、オーブントースターなどの調理器具をフル活用すれば調理が順調に進みます。

コンロがふさがっている時は、野菜を切ったり漬け汁を合わせたり費を使わない作業をするのが良いです。

 

おせちに大事な「だし」「かえし」「甘酢」を作る

和食に大量に使う「だし」は、おせち作りをする際には大量に用意しておいた方がいいです。

また、しょうゆとみりんとだしを合わせた「かえし」は煮物に、「甘酢」は酢の物に必要ですので前もっと作っておきましょう。

 

だしの作り方

【材料 (1.8~2リットル分)】

・水・・・2.4リットル

・だし昆布・・・30㎝(薬30ℊ)

・かつお節・・・50~60ℊ

 

【作り方】

1.昆布を水につける

鍋に昆布と水を入れて、10~一晩おく。

2.弱火で煮て、かつお節を加える

強火にかけ、ふつふつしてきたら弱火で5分煮る。かつお節を加え1分したら火を止める。

3.こす

3分おき、ざるでこす

 

かえしの作り方

【材料】

・しょうゆ、みりん・・・各3カップ

・だし昆布・・・30㎝(約30ℊ)

・煮干し(あれば)・・・10~12本

・かつお節・・・50~60ℊ

【作り方】

1.昆布・煮干しをみりんにつける

鍋にみりん、昆布、煮干しを入れ、30分ほどおく

2.弱火で煮て、しょうゆとかつお節を加える

中火にかけ、ふつふつしてきたら弱火にし5分煮る。しょうゆ、かつお節を加え、再び5分煮る。

3.こす

火を止めて冷ます。冷めてからざるでこして保存容器に入れる

 

「甘酢」の作り方

【材料】

・酢・・・3カップ

・砂糖・・・160~180ℊ

・塩・・・20ℊ

【作り方】

1.煮溶かす

すべての材料を鍋に入れて中火にかけ、混ぜながら煮る。沸騰したら30秒ほど煮たてて酸味をとばし火を止める。
冷めたら保存容器に移す。

 

お重詰めの法則

すべての料理が完成したら最後にお重に詰めていく作業です。

一見難しそうにも感じますが、おべんとうと同じように気軽に考えて大丈夫です。

ここでは、お重詰めする基本の法則をお伝えします。

【法則1】品数と詰める分量は「奇数」

日本では昔から「奇数吉、偶数凶」と言われ、奇数が縁起がいいとされてきました。だから、詰めるおせちの品数も個数も奇数にしましょう。

【法則2】汁気のあるものは小鉢に盛ってから詰める

黒豆やなますなど、汁気のあるものは他の料理と混ざらないように小鉢に入れてからお重へ入れましょう。

【法則3】葉物のあしらいを活用する

「バラン」など飾りの葉物は、複数の料理を詰める時に仕切りになり彩もアップします。数の子や、やや汁気のある料理の下に敷いたり、焼き物などに挟むのも奇麗な見栄えになります。

 

お重のお手入れ

おせち料理を食べ終わった後の「お重の直し方」です。

繊細なうるしのお重は、水につけることは基本的に厳禁になります。

長く水につけられないので、やわらかいスポンジで出来るだけやさしく、手早く洗いましょう。

拭き終わった後は、風通しの良い場所で完全に乾かしてからしまいましょう。

 

 

-手作りおせち

Copyright© おせちナビ2020 , 2019 All Rights Reserved.