本文へスキップ

グラス名入れ倶楽部は名入れオリジナルタンブラーを制作するサイトです

〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町342-4

下白とは



グラスデザインの表  下白を裏から見た写真
制作例 (表の絵)           裏側

上記の写真にあるように、色をきれいに見せるためにデザインの下に、白い版を1色増やしてデザインの色をきれいに見せるための1色を、下白といいます。 色やロゴによっては必要のない場合が多いです。

長所、色がきれいに見えます。

欠点、細い線のデザインにはできません。
   たまに下白が印刷時にづれる事があります。表に白色が少しはみだしてしまう。
   1色増えますので、1色分転写紙の値段が多くなります。
   顔料の層が厚くなりますのでピンホールができやすい(不良率がたかくなる)

青色や紺、紫系統の顔料は透明性がありますので下白をひいたほうがいいですが、ロゴや文字などは無理です。
白や赤、黒1色のロゴやデザインの場合には、下白をひかないほうがいいと思います。
コストが高くなるだけ。

基本的にはデザインを拝見して下白をデザインの下にひくかどうかは判断します.
ロゴ1色の場合は、弊社の場合はほとんど使いません。